ワイナリー紹介

ローマンガラス美術館

ローマンガラス美術館

シャトレーゼローマンガラス美術館のご案内

ローマンガラス美術館入館料
大     人 500円
高校生・中学生 300円
小 学 生以下 無 料

当美術館は東地中海沿岸、シリアなどから出土したローマ帝国時代のローマンガラスを中心に古代ガラス、ワインの輸送用に使われた土器アンフォラなど約160点を常設展示しております。これだけのローマンガラスを一同に展示する美術館は国内・外を見ても例がなく専門家からも高い評価を得ています。美術館をご覧になる前に、ミニシアターにてワインと古代ローマンガラスの歴史について学んでみて下さい。歴史の深さに感動してしまいます。

ベルフォーレの丘 古の耀き ローマガラス

ワインを飲む際に使うデカンタはローマンガラスから派生した物です。ローマンガラスの誕生によりワインは古く古代ローマ帝国時代にまで普及され現在も私たちを楽しませてくれます。ワインとローマンガラスが2000年の時を超え、今、南アルプスを一望できるベルフォーレの丘に目覚めます。
地中海で発見されたアンフォラ

アンフォラ型土器 10~13世紀シリア出土

運搬用土器/アンフォラ

地中海で発見されたアンフォラ(液体用の両把手付き手大型尖底坪)これらは主にワイン等の輸送に多く使用されました。※アンフォラ土器/アンフォラという言葉は、ギリシャ陶器の分類では尖底でない両手付きの貯蔵容器ですが、一般的には二つの把手のある底の尖った運搬用の壺を指しています。このような形は紀元前14世紀頃にはすでに、シリアやエジプトでオリーブ油や葡萄酒を入れて各地へ運搬する容器として使われていました。地中海の海底には古代からローマ時代、イスラム時代にわたって多くの難破船が沈んでいますが、それらの船荷には大量のアンフォラが含まれます。アンフォラに貝殻や海の生物の痕跡が付着しているのは、それらが地中海にあった事を物語っています。壺の口はコルクや土製の蓋の封がありましたが、把手や口の縁の部分に、出荷した地名や、荷主の名前などがスタンプされていることもありました。運搬容器としてのアンフォラは現代の一升瓶のように何度も使い回しされていました。
ローマ帝国の拡大がガラスの拡大に

宙吹き成型

ローマ帝国の拡大が葡萄酒の拡大も

ガラスの誕生

人類は石器時代より、天然ガラスのを刃物などとして使用していました。人々は、試行錯誤の末にガラスそれ自体による「人造宝石」を作るようになったようです。紀元前3000年頃のメソポタミア・エジプトでは、小さなガラス玉を繋げたネックレスなどの装身具やお守りなどがつくられ、紀元前1500年頃のエジプトでは、杯や容器など「ガラス器」と呼べるものが作られていました。それらは不透明であり、小型なものばかりでした。 次第に、鉄・銅などの酸化金属を発色材とした色ガラスが発展していきましたが、紀元前1世紀の中頃、シリア・パレスチナ地方でガラスの世界に革命が起こります。それは「宙吹き成型」。これは、吹き棹を使い、熔融したガラスを風船のようにふくらます技法のことです。 これらの新技術は、ガラス器の多様化と生産性の著しい向上とをもたらしました。こうして薄手で半透明なガラス器が一般にも普及しはじめ、更にローマ帝国の拡大とともに「ローマン ガラス」として広く交易されるとともに、その技術も各地へ伝えられていきました。
杯 1~2世紀東地中海沿岸出土

表面が銀化している

銀化したガラス器

ローマンガラスの魅力「銀化」とは

古代ガラスによく見られるのが表面の風化です。一見石のようであったり、きらきらと銀色や金色あるいは虹色の光ったりしていますが、これを「銀化」「金化」と呼んでいます。正倉院に納められているガラス容器の数々は櫃の中に保管されていたので、有色透明の出来た当時とほとんど変わらない姿を保っています。しかし、西アジアで出土するガラス製品はほとんどは土の中に2000年以上埋もれていたので、私たちが考えるガラスとは似ても似つかない姿の物があります。一見ガラスとは思えない不透明でぼそぼそしたようなものです。これはガラスの成分のソーダや珪酸分が土中の水分や成分と化学変化を起こして長い年月の間にへんかしたのです。

シャトレーゼローマンガラス美術館 図録

ローマン美術館の魅力を余す事無く掲載/2,000円のところ特別価格1,200円(税込)

コレクション

アンフォリスコス型小瓶
アンフォリスコス型小瓶
紀元前6~5世紀 高さ74.5㎜/幅45㎜ 出土地:東地中海沿岸
長鶏瓶
長鶏瓶
1世紀頃 高さ102㎜/幅55.5㎜ 出土地:東地中海沿岸
なつめ形小瓶
なつめ形小瓶
1~2世紀 高さ63㎜/幅30㎜ 出土地:東地中海沿岸
紐巻片手片口瓶
紐巻片手片口瓶
2~4世紀 高さ190㎜/幅79㎜ 出土地:東地中海沿岸
人面片瓶
人面片瓶
2~3世紀 高さ83㎜/幅45㎜ 出土地:東地中海沿岸
広口瓶
広口瓶
3~4世紀 高さ134.2㎜/幅103㎜ 出土地:シリア
注口付壺
注口付壺
3~4世紀 高さ200㎜/幅180㎜ 出土地:シリア
吊手付二連瓶
吊手付二連瓶
4~5世紀 高さ179㎜/幅92㎜ 出土地:東地中海沿岸
アンフォラ型土器
アンフォラ型土器
10~13世紀 高さ42㎝/幅25.5㎝ 出土地:シリア
アンフォラ型土器
アンフォラ型土器
1150~1200年 高さ46㎝/幅28㎝ 出土地:シリア